ED(勃起障害)治療の流れ

ED治療がどのような流れで行われるのか気になりますよね?

まず、病院に行くと受付を済ませたあと、先生の問診を受けます。

思い当たる原因や勃起状態を質問されるので、正確に答えてください。

問診の後に病院によっては血圧や脈拍を測ったり、血液検査や尿検査などを行うこともあります。

その他には、バイアグラ等のED治療薬の服用や副作用等についての説明が中心となります。

服を脱いで下腹部を見せなければいけないということはありませんので、安心して下さいね^^

問診がすべて終わった後に、医師から薬を処方されます。

基本的にEDは薬物療法で治療を行いますので、飲み続けていれば症状が改善していきます。

ただ、心理的要因がきっかけでEDを引き起こしているケースでは、薬の服用だけでは改善できないこともあります。

その場合、精神的な問題も関係しているため、カウンセリングも必要となってきます。

心理的要因のEDの場合、カウンセリングと薬物療法の両方で改善を目指します。

当たり前のことですが、ED治療で大事なことは医師の指示に従うことです。

薬の量を自己判断で調整したり、医師のアドバイスを無視した生活をしていては、治るものも治りません。

医師の指示に従わないと治療が遅れてしまうので、自己判断で薬の量を調節したりしないようにしてください。

逆に、薬の効きが悪いからといって、薬の摂取量を極端に増やすと、めまいや動悸、吐き気などの副作用が生じることもありますし、重篤な場合だと命を落とす危険もありますので注意が必要です。

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません