加齢でED(勃起障害)になる人って多いの?

加齢も勃起障害の原因の1つです。

年齢を重ねていくと、血管や神経に障害が起こり、勃起機能を維持するのが難しくなります。

特に生活習慣や食生活に問題がある方は、加齢によるEDになりやすいと言われています。

勃起を維持するには、中枢神経や脊髄神経、末梢神経の働きが重要になります。

性的刺激を受けると、これらの神経が反応して、陰茎に信号を送りますが、神経に何かしらの障害が起こるとその信号が伝わらず、勃起することができません。

これが加齢によって勃起障害が起こるメカニズムです。

タバコを吸っている方、お酒をたくさん飲んでいる方は年齢に関わらず、勃起障害を起こしやすいので気をつけてください。

タバコを吸うと血管が収縮し、血液の流れが悪くなるので、EDの発症リスクを高めてしまいます。

また、お酒をたくさん飲むと性的興奮が抑制されてしまい、勃起しづらくなります。

若ければEDにならないと思っている人も多いのですが、不規則な生活をしている人はEDになる可能性もありますので注意しておきましょう。

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません